インタビュー

北ガスの電気に替えたワケ

函館市・佐藤さま

ムダがなくなって光熱費が安くなりました。

函館市・佐藤さま

「北ガスの電気」に替えたのは、ボイラーを「エコジョーズ」に替えたことがきっかけです。それまではオール電化でした。15年ほど前に家を新築したとき、両親の年齢を考えると火を使わない家が安心だと、ハウスメーカーにすすめられたのです。
当時は私と妻、娘、両親の5人家族でした。湯切れや夜間の通電制限による寒さなどはあったものの、それほど大きな問題はなく暮らしていました。でも、10年くらい経って、両親が亡くなり、娘が独立すると、不便なことが増えてしまいます。原因はうちの電気ボイラーの調節機能。給湯や冷暖房を夫婦2人の暮らしに合うように変更できず、ムダができてしまったのです。この頃の電気料金は1か月7万円前後。福島の原発事故から電気は値上げされていましたし、かなりの痛手でした。

それで、いろいろと調べて「エコジョーズ」が気になり、北ガスに問い合わせたのです。それが2015年の年末で、2016年2月に切り替えが完了しました。
ちょうど4月から家庭向けの電力自由化がスタートするという時期。新電力のニュースが流れ、いろいろな会社が新電力への切り替えキャンペーンを実施していました。

函館市・佐藤さま

ただ、うちは新電力への関心よりは、電気料金をどうにかしたいという思いのほうが強かったですね。「エコジョーズ」と一緒に「北ガスの電気」に切り替えるとおトクということで、申し込んだのです。電気の切り替えは、前の電力会社の解約手続きなど全て、北ガスがやってくれたので、面倒な手間は一切ありませんでした。書類にサインするくらいです。

函館市・佐藤さま

それまで、北ガスはガス会社という認識しかありませんでした。オール電化の前は北ガスを使っていましたが、台所のコンロだけだったので。給湯や暖房までガスでまかなえること、さらに「北ガスの電気」が始まることを知って、北ガスはエネルギー会社なのだと認識が変わりました。

それに、打ち合わせや「エコジョーズ」の切り替え工事をとおして、親しみやすい会社だと感じましたね。
いまは、以前のように湯切れすることも夜に暖房が切れることもなく、「エコジョーズ」と「北ガスの電気」への切り替えで光熱費はこれまでの半分くらいになり、いいことずくめです。

函館市・佐藤さま

うちはオール電化だったので、天然ガスの「エコジョーズ」と「北ガスの電気」に切り替えましたが、家庭ごとにふさわしいメニューが違うので、まずは北ガスに連絡して、光熱費のシミュレーションをしてもらうといいと思います。
「北ガスの電気」で気に入っているサービスは「TagTag」の「省エネレポート」です。前の週の電気使用量が毎週送られてきます。照明・給湯・冷暖房など用途ごとの使用割合をグラフで見せてくれるので、「夜更かしせずに早めに寝よう」「照明の消し忘れに気をつけよう」など電気の使い方を見直せるのがいいですね。翌週のレポートで電気の使用量が減っているとうれしくて、ダイエットみたいだと思いながら、楽しく節電に励んでいます。

◆プロフィール
函館市/50代/夫婦2人(本人+妻)/一戸建て(築15年)
オール電化→北ガス(エコジョーズ)+北ガスの電気

函館市・佐藤さま

佐藤さまと担当の北ガスフレアスト函館北 濱谷さん

カンタンに申し込みできる北ガスの電気

北ガスの電気に申し込もう!

  • 北ガスの電気サイトへ
  • お申し込みはこちら