インタビュー

北ガスの電気に替えたワケ

北ガスを応援したくて「北ガスの電気」に替えました。

千歳市・曽根さま

「北ガスの電気」に替えた理由は二つ。まず、原発を卒業したいと思っていたからです。そして、地域独占の電力事業にずっと疑問を抱いていたからです。このビジネスモデルはいかがなものだろう…と。だから、電力自由化は大歓迎でした。新電力への切り替えは、私にとってはマストだったのです。

新電力会社を選ぶときに重視したのは、ライフライン企業であることと北海道の企業であること。既存の電力会社を除けば、どの会社も電気事業の初心者です。でも、ガスや水などのインフラを手がけている会社なら安心だろうと考えました。扱うものが電気になっても、家庭までしっかり届けてくれると信じられたのです。

sone_1

また、ずっと北海道を離れて東京で働いていたからでしょうか、地元の企業を応援したいという気持ちもありました。この二つの条件を満たしたのが、北ガスだったのです。北ガスの電気に対する取り組みも好ましいですね。天然ガスや太陽光など、環境にやさしい電気をつくっているでしょう?これは素晴らしい。東日本大震災のときは東京にいたこともあり、原発と事故の状況に強い危機感を感じて、これからは原発に依存しない電気を使いたいと思いました。それで、電力自由化になったとき、すぐに「北ガスの電気」に切り替えたのです。

北海道にUターンしてから7年、いまのマンションに引っ越してから3年が経ちます。ここはオール電化で、この前に住んでいた分譲賃貸もオール電化でした。家のエネルギーは電気だけですから、どの電気を選ぶかは重要ですね。もちろんトラブルはなく、快適に過ごしていますよ。

電気代は平均すると月1,000円、マックスでは数千円ほど安くなりました。「北ガスの電気」に満足しています。

あえて要望するとしたら、TagTagの省エネレポートを改善してほしいです。前の週との電気使用量を比較してくれるのはいいのですが、気温は考慮されていません。

先週は春らしい陽気だから暖房を止めていた、今週は真冬に逆戻りしたから暖房をつけたということがあっても、TagTagで見られるのは「電気使用量が増えた」という事実だけ。「電気使用量は増えた。でも、先週より寒かったわりには節電できているよね、がんばったね」…みたいな比較だと、素直に受け止められると思うのです。いまの比較だと、「私に凍えろと言うの!? これ以上、どう節電しろと…!?」と思うことも。

千歳の冬はかなり冷え込みます。マイナス20℃を下回ることもしばしば。暖房を控えるにも限界がありますし、もともと節電志向で、省エネ家電を使っていますしね。電気使用量と気温の関係を見せてくれるTagTagの開発に期待します。

◆プロフィール
千歳市/60代/単身/マンション(築13年)
オール電化(北電)→オール電化(北ガスの電気)

カンタンに申し込みできる北ガスの電気

北ガスの電気に申し込もう!

  • 北ガスの電気サイトへ
  • お申し込みはこちら