インタビュー

北ガスの電気に替えたワケ

函館・武田さま

再生可能エネルギーの電気(FIT電気)を 応援したかったのです。

函館市・武田さま

この家は23年前に新築しましたが、もともとは主人の生家がありました。主人は生まれたときから、私は嫁いでから、この場所に暮らしています。ずっと、台所はガス、給湯と暖房は灯油でした。7年ほど前、ストーブが故障しましてね。予兆もなく動かなくなってしまって…。灯油ストーブで、コープの灯油を使っていたのに、相談したのは北ガス。うちの担当営業さんが話しやすかったからでしょうね。

そのとき、ストーブだけを新しくするのではなく、灯油ボイラーをガスボイラーに替えることを提案されました。給湯と暖房のセットでガスにしたほうがおトクだというのです。それで、ボイラーごと替えました。

函館・武田さま

ちょうど東日本大震災の1年くらいあとのことです。
電気以外は北ガスだったこともあり、電力自由化がはじまったとき、すぐに電気を「北ガスの電気」に切り替えました。福島の原発事故があってから、原発に頼り続けてはならないと思ったのです。

函館・武田さま

原発は人間がコントロールできるものではないとわかってしまいましたし、国や電力会社の対応も不安なものでした。だから、FIT電気を供給している「北ガスの電気」を応援したいと考えたのです。主人も原発や国の方針に疑問を抱いているので、切り替えに迷いはありませんでした。

それまでのおつきあいで北ガスを信頼していたから、不安もなかったです。
ただ、北海道胆振東部地震でブラックアウトしたときは、「北ガスの電気」に切り替えたせいなのか…と、一瞬だけ疑ってしまいました。すぐに新電力のせいではないとわかりましたけれどもね。

停電はそのときだけで、「北ガスの電気」に替えて困ったことは全くありません。切り替えも簡単です。手続きは北ガスに連絡するだけですし、電線の工事はないので生活に支障もありませんでしたね。
電気料金は、それほど重視しませんでした。

函館・武田さま

再生可能エネルギー(FIT電気)の電気を使いたいという思いと、もう一つ、わが家のスタンスを優先させたのです。うちはいままでも信用できる人や会社のサービスをずっと使い続けてきましたから、電気も例外ではありません。環境にやさしい「北ガスの電気」を使い続けますよ。理想を言えば、もっと「北ガスの電気」を使う人が増えるといいなと思っています。

◆プロフィール
函館市/70代/夫婦/一戸建て(築23年)
ガス(北ガス)+灯油+電気(北電)→北ガス(給湯・暖房)+北ガスの電気

函館・武田さま

カンタンに申し込みできる北ガスの電気

北ガスの電気に申し込もう!

  • 北ガスの電気サイトへ
  • お申し込みはこちら