インタビュー

北ガスの電気に替えたワケ

北見 金崎さま

ガスボイラーにしてよかったから、電気も替えました。

北見市・金崎さま

商売をはじめたときに北見へ来て、それから60年ちかくになります。妻の実家がプロパンガスを扱っていたから、うちの台所はずっとプロパンガスで、給湯と暖房は灯油でした。

北ガスさんとのつきあいは2年ほどになります。きっかけは、次男が自宅をオール電化からガス併用にしたこと。家を建てた十数年前は、オール電化が大流行りでした。でも、いまは電気代がかさんでしかたないようです。月10万円の電気代に悲鳴をあげていたので、ガスに替えたほうがいいのではないかとなりました。

北見 金崎さま

北見には北ガスの都市ガスが通っていますが、次男の家のあたりはガス管がなかった。それで、ガス管を引くところからはじまったわけです。そのときに担当してくれた北ガスの宮内さんが「この機会に、お父さんの家もぜひ」と勧めてくれて、うちも都市ガスに切り替えました。

北見 金崎さま

このときは台所だけ。でも、ガス代がプロパンの半分くらいになってびっくりしました。それで、去年の10月に給湯と暖房もガスに替えたのです。「灯油ボイラーはまだくたびれていないから、替えるのはもったいない」と妻も思ったらしいのですが、この機会に替えてしまおうとなりました。

給湯用と暖房用に2台あった灯油ボイラーをガスボイラー1台にして、電気も「北ガスの電気」に切り替えて、いま燃料関係は全て北ガスです。光熱費は安くなりましたよ。灯油のときは月6万円くらいでしたが、ガスに替えたら5万円ちょっと。電気はそれほど変わらないけれど、月1000円くらいは安くなりました。

15年前に私のあとを継いで長男が社長になりましたが、リネンサプライ会社を経営していましてね。ホテルなどにリネン類を貸し出して、回収してクリーニングや補修して、また貸し出すという仕事です。専用の大型乾燥機は重油ボイラーで動かしていますが、この費用が月500〜600万円くらい。原油の価格が高騰したときには800万円にもなりました。

北見 金崎さま
北見 金崎さま

今年の秋、いまよりも広い土地に移転するので、そのとき、ガスボイラーに替えることにしました。ガスは燃焼がきれいだから、ボイラーが長持ちします。経費節減もさることながら、それも大きな決め手になりましたね。

そんなことで北ガスさんとは急接近しました。営業の宮内さんと設備担当の上野さんが、まめに立ち寄ってくれるので、安心ですね。妻も「話しやすくて相談もしやすい」と喜んでいます。

◆プロフィール
北見市/80代/夫婦/一戸建て(築25年)
LPガス+灯油+電気(北電)→北ガス(給湯・暖房)+北ガスの電気

北見 金崎さま

カンタンに申し込みできる北ガスの電気

北ガスの電気に申し込もう!

  • 北ガスの電気サイトへ
  • お申し込みはこちら